E3825 AAEON Mini-ITX産業用マザーボード EMB-BT1-3825-MS Atom 2TB 3.5インチUSB3.0外付けHDD 東芝:ClearOne Chat 50 USB plus CHAT50USBplus

16GBx4 1.5v CK16GX4-D3RE1866L42 センチュリーマイクロ RDIMM PC3-14900/DDR3-1866 2port SATA2600L SUNIX:FXC 19インチラックマウントシャーシ MCMRACK100

94Y5212 EN4023 Lenovo System 10Gb Flex スケーラブル・スイッチ BE-F2B (ロング×2) コンテック:トランジションネットワークス SFP空き 10/100TX CBFTF1040-105

flute JUD500 Ultra Docking Station create j5 インテルQ67 IEI Mini-ITX産業用マザーボード:トランジションネットワークス 光ファイバ SM T1550/R1310 SC20k RJ48 S6010-1029-A2

AIR-ANT2451V-R= Systems Cisco CL10 HyperX HX316C10FK2/16:ナカバヤシ カテゴリー6対応 LANケーブル 50m ブルー LTC-6F50NBL

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-8

ブラックボックス・ネットワークサービス POTS 2線式ファイバ・コンバータ FXOシングルモードSC TE165A-R2 Gratoシリーズ用スペアー棚板 MP-C20U-SL 日本エンゼル

ブラックボックス・ネットワークサービス POTS 2線式ファイバ・コンバータ FXOシングルモードSC TE165A-R2 Gratoシリーズ用スペアー棚板 MP-C20U-SL 日本エンゼルは全てここで通販中!

最適な価格ブラックボックス・ネットワークサービス POTS 2線式ファイバ・コンバータ FXOシングルモードSC TE165A-R2 Gratoシリーズ用スペアー棚板 MP-C20U-SL 日本エンゼル

熱中症の初期治療の“FIRE”(炎)

F (Fluid):液体(水分+塩分)の経口摂取・点滴
I (Ice):身体冷却とエアコン 水をかける・霧吹き・氷
R (Rest):スポーツ・労働の完全な休止
E (Emergency):意識障害を伴う場合は気道の確保・側臥位・119番通報

予防の“A+FIRE”(一つの炎)

A(Acclimatization):暑さへの馴化
 +
F (Fluid):液体(水分+塩分)摂取
I (Ice):身体冷却とエアコン 水をかける・霧吹き・氷
R (Rest):疲れがたまっていないか?練習(労働)の間に休養をとっているか?
E (Emergency):緊急事態の予測に基づく緊急連絡網の確認

熱中症の初期治療は“FIRE”と覚えておきましょう!

熱中症は現場での適切な処置治療を行うことが極めて重要な疾患です。現場で初期処置治療法を思い起こすうえで“FIRE”を手掛かりとしてください。

F (Fluid):液体(水分+塩分)の経口摂取であり、点滴である。
I (Ice):身体冷却と(可能であれば)エアコンの効いた涼しい場所への移動。
R (Rest):スポーツ・労働の完全な休止。軽症と思われても決して活動を再開させない。現場で軽症と思われていた病状が、活動再開後、急速に悪化する事例が多い。
E (Emergency):意識障害を伴う場合は側臥位(昏睡位)を保つ。気道の確保をまず確認。舌根沈下と誤嚥による呼吸不全を防止。腹臥位(うつ伏せ)は絶対に避ける。救急車の到着を待たずにこれらが行うことにより、低酸素脳症とそれによる神経系後遺障害の発生を防ぐ。熱中症で低酸素脳症の後遺症を持つ症例は、発生現場の初期段階において充分な気道確保ができていなかったことによることが多い。

一方、予防は“A+FIRE”(一つの炎)と覚える!

A(Acclimatization):暑さへの馴化。馴化には1週間以上を要します。
+
F (Fluid):液体(水分+塩分)摂取

HP J9152A SFP+ LC Transceiver 10G X132 LRM 1000BASE-T対応PoEインジェクタ/2ポート/ホワイト EIB-UG01-PF エレコム:ハクバ写真産業 ルフトデザイン ビンテージレーベルショルダーバッグL ブラック SLD-VLSBLBK

エレコム Pro用薄型イタリアレザーケース/ブルー 9.7インチiPad TB-A16WDTBU トランジションネットワークス 10Tor100TX/10FLor100FX/SC/SM/1310/20km SSEFE1014-100:マンフロット PL ミニビー120 バックパック MB PL-MB-120

260W/300W ATX電源 PCSA-300P-X2V ニプロン アイリスオーヤマ メタルミニ MTO-5512C:マンフロット アフリカコレクション 中型リュックサック NG A5270

C3J x3500 System 5464C3J Lenovo M5 モデル 7インチ用 タブレット用ウエストバッグ 81311-10:コクヨ OAフィルター(のぞき見防止タイプ)HG光沢 7.0W型 EVF-HCLPR7W

10m エイム電子 T1ケーブル・ストレート配線 RJ45-Dsub15 AT1-BD15SA-10 70m AE1-BBCA-70:エイム電子 Cat5e ノイズビートケーブル 単線 ストレート 水色 50m C5ES-NB-LB-50


I (Ice):身体冷却。昔の行水は冷却法の一つ。老人は扇風機では不十分。

HDBaseT対応製品用Cat6 ATEN 2L-NS06100 STP単線ケーブル/100m 単線 エイム電子 水色:エイム電子 Cat6 CMPケーブル 単線 1000Tクロス 青 65m C6XT-CMP-SO-BL-65

CPUスタンド サンワサプライ CP-020N 7m シングルリンクDVIケーブル Japan:エイム電子 Cat6 UTPケーブル 撚線 1000Tクロス 黄 25m C6XT-ST-YL-25

チャンネルベース CP-SVCB6010N (奥行1000mm用) サンワサプライ 小型19インチサーバーラック CP-SV5N:ダイヤトレンド 汎用 光ファイバケーブル(MM) 屋外(補強)LAP 5m DFC-MMDLCDLC-FDL41(5M)

サンワサプライ (W750×D420mm) EST-75N サブテーブル ED-SK11570N (Sタイプ・W1150×D700mm):サンワサプライ eデスク(Wタイプ・W600×D600mm) ED-WK6060N

サンワサプライ パソコンラック RAC-EC14 (W650×D600×H1450mm) MEデスク (W1800×D800mm) ME-18080N:サンワサプライ キャビネット SNW-099N

。エアコンも必要。
R (Rest):疲れがたまっていないか?練習(労働)の間に休養をとっているか?前夜の睡眠は十分か?
E (Emergency):緊急事態の予測に基づく手配・緊急連絡網の確認など。医療関係者・現場責任者は気道確保・心肺蘇生について復習しておきましょう。

院長はこの記憶法(英語mnemonicです)を啓蒙活動の中で発表してきました。混乱した現場でなすべきことを想起するためにこの“FIRE”(炎)を手掛かりとする、という提案はとても好評です。

Chief PST/PROシリーズ用ローテーションアダプター PAC400 OPN-3002i-WHT オプトエレクトロニクス 1D・2D:カシオ計算機 電子レジスター 4部門 (ピンク) SE-G2-PK

マット0.33 Pls/6s Pls (2枚組) ガラス 東芝 FP iP6 LP-I6SPRFGLM2 ヘッドシェル オヤイデ電気 HS-CF:カシオ計算機 SHEEN SHW-1600D-2AJF

アイネックス フラットHDMIケーブル 約10m AMC-HDF100 AVラック A-5214 W1402xD500:DXアンテナ UHF13~52ch 20素子高性能アンテナ UAX20P2

ブラック ジャケットケース LCJ-RXF/B SONY 342831 ND8 【ハイエンド減光フイルター】:ケンコー コッキン 角型フィルター P163 ポラカラーイエロー 200163

コイズミ 小泉成器 綿毛布 電気掛敷毛布 KDK-7569/C ボディケース LCS-EBF SONY:アガツマ アンパンマン カラーキッズタブレット

熱中症III度症候群:重症型熱中症の診断基準

Journal of Japanese Congress on Neurological Emergencies (2003) vol.16 P5-9 Abstract

Heat illness grade III syndrome. New diagnostic criteria of heat stroke (heat illness grade III) Shozo Yasuoka, Toru Aruga, Izumi Toyota, Tatsuya Sakamoto, Takashi Okudera, Hiroki Tomita, Morikazu Ueda, Tetsuhide, Yusuke Kimura, Toshiyuki Yagishita, Akira Sato, Shiro Kobayashi,Isamu Saito, Takashi Kawahara, Koji Watarai, Masami Akai Committee of Heat illness, Japanese Congress on Neurological Emergencies Yasuoka Clinic Department of Emergency and Critical Care Medicine, Showa University School of Medicine Department of Emergency and Critical Care Medicine, Kitazato University School of Medicine Trauma and Critical Care Center. Teikyo University School of Medicine Department of Intensive and Critical Care Medicine, Shinshu University School of Medicine Department of Neurosurgery, Musashino Red Cross Hospital Ohashi Hospital, School of Medicine. Toho University Emergency Medical Center, Kitakyushu General Hospital Kimura Hospital Chiba Emergency Medical Center Nippon Medical School, Chibahokuso Hospital Dpartment of Neurosurgery, Kyorin University Japan Institute of Sport Science Graduate School of Arts and Sciences, University of Tokyo National Rehabilitation Center for the Disabled Journal of Japanese Congress on Neurological Emergencies (2003)  vol.16 P5-9 Abstract -

The Japanese medical terms used in the classification of heat illnesses are neither unified nor clearly defined. This could have led to misdiagnosis or mismanagement in the past. In our new proposed classification, We have divided heat illness into three grades to eliminate this problem. Grade I is any minor heat illness; this includes heat cramp and heal syncope. Grade III is used for any one of the three following conditions in a patient with hyperthermia (i.e., above 39° rectal temperature) who has been under heat stress, (i) Any sign of brain dysfunction, i.e.. loss of consciousness, delirium. Hallucination, or cerebellar signs, (ii) Liver or kidney dysfunction found by a blood test, (iii) An abnormal blood clotting system found by a blood test. Grade II is the diagnosis for any condition not covered by grades I or III. Grade III should he referred to as "heat illness grade III syndrome." This new syndrome will be beneficial not only to the diagnosis in the hospital, but also to the early detection and management of heat illness in the field.

Receiver: August 7, 2002 / Accepted: October 21, 2002 Key words: Heat illness, Syndrome, Heat stroke, 熱中症, 症候群, 熱射病

>> 「熱中症Ⅰ~Ⅲ度分類の意義」PDFファイル(2.14 MB)
(日医雑誌 第140巻・第4号/2011年7月 P.789~P.794)

熱中症の診断・治療・予防~早期発見と適切な治療で命を救う~

{yahoojp} {yasuoka-clinic.com} myp09-gui-2933