塩硝蔵(えんしょうぐら)跡地

大桑町癸(き)〜涌波1丁目

明暦3年(1657) 、当時石引の波着寺付近にあった、加賀藩の火薬調合所が火災にあい、、翌万治元年(1658)にこの地に移転された。
粉砕用の水車は、辰巳用水を利用した。なお、、この塩硝蔵は明治4年(1871)の廃藩置県まであった。
*土清水製薬所(土清水塩硝蔵)について