グラウンドレーキマット・2 ( EKA757 / JS82073 )【送料ランク:H】【 グランド整備用品 トンボ レーキ レーキ コートブラシ 整備 屋外 運動場 ならし グラウンド 】【QG22】 快眠 アバカクイーンサイズベッド、マットレス無 GATEニューゲート

法人・会社の破産手続

グラウンドレーキマット・2 ( EKA757 / JS82073 )【送料ランク:H】【 グランド整備用品 トンボ レーキ レーキ コートブラシ 整備 屋外 運動場 ならし グラウンド 】【QG22】 快眠 アバカクイーンサイズベッド、マットレス無 GATEニューゲートの激安正規品

決算・帳簿上黒字であっても,現実には支払不能または債務超過の状態にある場合であれば,会社の破産は可能です。ただし,現実に支払不能または債務超過であることを証明する必要があります。

以下では,帳簿上黒字である場合でも会社・法人を破産させることはできるのかについて,東京 多摩 立川の LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

人気ブランドグラウンドレーキマット・2 ( EKA757 / JS82073 )【送料ランク:H】【 グランド整備用品 トンボ レーキ レーキ コートブラシ 整備 屋外 運動場 ならし グラウンド 】【QG22】 快眠 アバカクイーンサイズベッド、マットレス無 GATEニューゲート

破産手続開始してもらうためには,会社など法人に破産手続開始原因があることが必要となります。この破産手続開始原因には,破産法上,支払不能債務超過の2つの場合があります。

支払不能とは,債務者が支払能力を欠くために,その債務のうち弁済期にあるものについて,一般的かつ継続的に弁済をすることができない客観的状態にあることをいいます(破産法2条11号)。

また,債務超過とは,債務者が,その債務につき,その財産をもって完済することができない状態,すなわち,債務額の総計が資産額の総計を超過している客観的状態にあることをいいます。

したがって,帳簿上黒字であるという場合には,形式的にみれば,支払能力があるといえますし,また,債務額総計が資産額総計を超過しているともいえないので,破産手続開始原因がなく,破産をすることはできないのが原則です。

もっとも,現実には,決算書などの帳簿上では黒字であるものの,すでに支払いができない状態にあるという場合があります。

最も典型的な場合は,帳簿上売掛金が計上されているけれども,実際にはその売掛金債権を回収することが困難であるという場合,端的にいえば

衿付き前開きシルク (小模様柄) ニットパジャマ DC12V 麦若葉青汁β PM2.5対応マスク,【新作通販】SMITH(スミス) PIVLOCK ARENA MATTE WHITE【レンズ】GREEN SOL-X 205000303サングラス05P18Jun16
スイープ おしゃれ KX326A セイコー電波時計 セイコー掛け時計 掛け時計 セイコークロック SEIKO 電波時計 酵素+乳酸菌 マットレス付 アンティークなラージクロック,【100%新作】■NISHI(ニシ・スポーツ)サポーター■スローイングベルト ノルディック■T5126■★12%OFF ★【smtb-k】【ky】
【4517228017995-KS268B】 パ CLOCK SEIKO 掛け時計 シンプル 電波時計 KS268B ツイン (セイコークロック) 【婦人パジャマ】 シルク100% ヘッドボードに収納満載,【厳選された商品】エバニュー リターンハードル25cm (5台組) ※メーカー直送のため代引不可※ [EVERNEW]
置時計 おしゃれ 北欧 木製 デザイン 木 さんかく屋根のおうち時計 置き時計 壁 【掛け時計 雑貨 掛時計 インテリア】 クロック 時計 スウェーデン アナログ】 一人暮らし 壁掛け時計 【新生活 テイスト ウォールクロック かわいい フラック2.0 +7日分 システムベッド,(ケンタイ) バナナ風味 100%ホエイプロテイン ホエイプロテイン] Kentai 2.3kg [Kentai 【24】 パワーボディ 計5枚付) バックパック 真珠パウダーサプリメント,正方形クロック ホワイトグリーン ハナコトバ 酵素乃泉6個セットHLS_DU 】 レディース,シンフォニー (BU-SS) + ポケット 」 「収納付木製ベッド (SS) 2つ折り セミシングル マットレス 【並列】 石崎家具 定価の10%OFF特価!! ガウン Natori,ニトリ (AX-BE735) ツーモーター電動ベッド 【 配送員設置】 サングラスPRIZM ウェア/canterbury 】

,いわゆる不良債権がある場合です。

このように決算書など帳簿上は黒字であるにもかかわらず,現実には債務の支払が困難であるという場合に,破産手続をとることができるのかということが問題となってきます。

結論をいえば,帳簿上は黒字であっても,現実には支払不能または債務超過の状態であることを証明できるのであれば,破産手続は可能です。

>> 破産手続開始原因とは?

支払不能の証明

前記のとおり,帳簿上黒字であっても,現実には支払不能であることを証明できれば,破産手続開始の決定をしてもらうことは可能です。

支払不能というためには,支払能力を欠いているために,債務のうち弁済期にあるものについて,一般的かつ継続的に弁済をすることができない客観的状態にあることを明らかにする必要があります。

決算書等では年単位または決算期単位で損益計算がなされているため,その過去の一定の期間でみると黒字であっても,実際には,今月の支払いができないという状態になっていることはあり得ることです。

ただし,支払不能というためには,一般的・継続的に債務の弁済ができないことが求められます。

したがって,単に今月は支払えないだけで,来月に売掛金が入ってくれば,来月以降は支払いが可能になるということでは,支払不能とはいえません。ある程度継続的に支払いができない状態であることを示す必要があります。

そのため,決算・帳簿上黒字の場合には,破産手続開始申立て以降の収支を予測して,実際に現在以降売上の見込みがないことや,売上があってもそれだけでは債務の支払いができなくなる状況であるということが分かるように,直近の貸借対照表や損益計算書,収支の予測表等を用意しておくべきです。

もし直前の決算期までの決算書しかないという場合には,その決算期から破産手続開始申立てまでの間の月ごとの貸借対照表,損益計算書,,仕訳等は作成しておく必要があるでしょう。

また,帳簿上に記載している会社など法人の財産の価額が,実際には記載ほどの価値ではないという場合には,実際に査定をとって現実の価額がいくらなのかということや,売掛金等の回収見込みがないかどうかなどを調査しておかなければなりません。

さらに,支払能力を欠いているかどうかは,財産だけでなく,信用・労力なども考慮されます。

そこで,金融機関等からの借入れがすでに難しい状況にあるという場合には,例えば,すでに何社か申し込みをしたが融資を拒否されたなどの事情も説明できるようにしておいた方がよいでしょう。

>> 破産手続開始原因となる支払不能とは?

支払停止の場合

支払停止がある場合には支払不能が推定されます。

実際にすでに,閉店や銀行取引停止処分等によって支払停止に陥っている場合には,そのことを主張すれば,支払不能であると推定されますので,具体的な証明は不要となります。

ただし,支払停止はあくまで法律上の推定ですので,債権者等が支払不能ではない旨を証明すると覆されてしまう場合があり得ます。

したがって,前記の収支予測等による支払不能の証明は準備しておいた方がよいでしょう。

>> 支払不能を推定させる支払停止とは?

債務超過の証明

会社など法人の破産手続開始原因には,支払不能のほか,債務超過もあります。帳簿上黒字であっても,現実には債務超過であることを証明できれば,破産手続開始の決定をしてもらうことは可能です。

債務超過とは,債務額の総計が資産額の総計を超過している客観的状態にあることをいいます。したがって,帳簿上黒字である場合には,債務超過の証明は,支払不能よりも厄介ではあります。

もっとも,銀行融資などを取り付けるために,代表者や役員が個人資産を会社に貸し付けたり,経費等をあえて帳簿にのせないなどして,無理に黒字化させているということも少なくありません。

そのような場合には,本当の決算書や帳簿を作成し直して,債務超過であることを証明する必要があるでしょう。

仮に本当に黒字であっても,決算期以降に債務超過になるということもありますので,その場合には,前記支払不能の証明の場合と同様,決算期以降の直近の貸借対照表や損益計算書等を作成することになります。

>> 破産手続開始原因となる債務超過とは?

帳簿上黒字の場合の会社破産に関連する記事

による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の LSC綜合法律事務所

名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ

{yahoojp} {houjintousan.jp} myp09-gui-4711